天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

浦賀ドック

f:id:nakazonoharuki:20181028131902j:plain
日曜日に浦賀に行った話。目的地は横須賀美術館なのだけど、どうせ浦賀に行くならまとめて観光をば。そしてできるなら徒歩で。

京急浦賀駅(終点)で降りると、すぐドックの大きな建物が目に入る。ここで一枚写真を撮っておくべきだったと後悔するのはおよそ10分後。とりあえず改札を出て、駅を出て、左の方へ。左というのは、東側の方、ドックは西側の方に進んだ方がいいことはわかっていたけど、これから横須賀美術館を目指して観音崎を経由していくのであれば(しかも徒歩だから!)、最初にもう東側を選ばないと体力としても時間としても選択肢がない。

しかし、(西側がどうなっているかそういう意味では分からないが)東側は1.5mほどの塀が続いていて向こう側が見えない。これがしばらく続いた。ときたま、背が低くなっているところから覗いたけど、なんかよくわからない。

f:id:nakazonoharuki:20181028132216j:plain

しばし歩いて、渡しのところまで。浦賀ドックと湾内はこんな感じ。まぁいまは操業していないし、いつか公開されるときがあればそれを目的に来ればいい。

ということで、県道209号線に戻って観音崎へ。