天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

夜遅くの作業

果たして今夜自分がしていた作業は、それをするだけの価値があっただろうか。なぜそのようなことをするのか明確にすることもできず、誰のために用意しているのかも分からず、どれほどの作業量になるのか見積もれず、その変更にどれほどの意味があるか理解せず、どこまで影響するか把握することもできず、結局、苦労するのは下っ端の人間。

誰しもミスをするが(今回のことは、最初のミスは大した問題でもましてやミスというものでもなく、本当のミスはその後の判断と稚拙な行動だろう)、今回のことは酷かった。