天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

電話当番

うちの課では、昼休みに電話を当番する制度がある。電話当番である。およそ1か月に1回、自分にも回ってくる。他人が昼休みをとっている間、電話のために待機し(というか普通に仕事を続け)、電話が鳴れば対応し、昼が終われば遅れて昼休みをとるというもの。遅れて、なので世間とはすこし遅れて昼休みをとることができる。

自分はいつも外で買ってきて中で食べるという昼をしているのだけど、電話当番のときは中で食べるには場所がないし(あるけどなかなか。)、世間は午後の仕事を始めているから飲食店で食べることができる。

そんなことで、ちょっと離れたところまでいってのんびり食事をとることができる。

ただし、ほかの人と仕事時間がずれるので、個人ワークが少ない我々にとっては、パフォーマンス低下の一因と自分は考えている。この制度はやめたほうがいいな。

午後は海外からの来客対応だったし。

広告を非表示にする