天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

業界

どの業界も何種類かの人間から成っていると思うけど、うちの業界でも例外ではなく、でも自分はなかなかそのうちの特定の種類の方とはあまり交流がない。もちろん旧知ならともかく、業務上ではなかなか。

そんなことで、先輩からお声がかかったのでひとつ返事で「はい」といつものように答え、わくわくして出かけて飲んでお話してきた。楽しいなぁ。