天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

メールをもっと速く

この前書いたように、自分は今のポジションに来て、自分の手によって処理しなければならないメールの量が飛躍的に増えた。メールそのものの量はおそらく大きく変わっていない。前のポジションでは単調な情報共有にメールが同報という目的で使われていたから。いまは、そうではなく、これが同報なのか、自分が(グループを代表して)積極的に処理するものなのか、まったく無視してよいのか、はたまたフラグを立ててちょっと温めておくのか、判断しなければならない。

判断した後の、処理過程を早くすることを、この前書いた。今後は、処理に比べれば泥臭く、ミクロな話題。

おかげで、このメールを「誰に」「どの定型文で」展開するかということは寝ぼけながら判断することができる(そのくらい単純なものしか届かないから)。問題は、そのメールのToやCcに対象者をツッコんだり、定型文を選択してわずかな箇所のみ書き換えてさくっと送信する、この"操作”の時間をいかに速くするかというのが目下問題。これを妨害するように、今朝ログインしてみると、ポンコツメーラーのアドレス帳のレイアウトが変わっており、メンバーをサクサク選択できないようになっている。というのも、同時にわずか4,5人しか画面に出てこず、スクロールしないとそれ以上の人数に送るときに選択できないのだ!なんてポンコツなことか!開発した会社よ出てこい!お前は自分でそんなメーラーを使おうと思うのか!

またクソメーラーに仕事を邪魔される。

やはり、あまり機能を使うようにせず、自分の手元に使いやすいものを構築しておいたほうがよいのか。メーラーのアドレス帳を使おうとせず、別に用意しておき、処理の種類によりコピペする方が操作の時間が減るのではないか。なんのためにメーラーにアドレス帳という機能がついているのやら。あほらしあほらし。

nakazonoharuki.hatenablog.com