天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

60%の壁

新しいブルーレイレコーダーを入手してからというもの、誰がどう考えても見きれない量の番組を録画してそれが増えていく一方。

ここにきて、残りの容量が60%を切るか切らないかという拮抗状態となり、「60%」になろうものなら、全力で見て消すという作業を行っている。まだ半分以上あるというのに。油断していたら、あっという間に残りわずかになるだろうし。

まぁ何が言いたいかというと、世の中には優良な番組が溢れているということね。