天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

昼の読書時間

うちの会社はあまり昼休憩時間が長くないのだけど、繁忙期を過ぎた今は時間が余って仕方がない。やることがない。

ということで、本を持ち込んで読書としている。話しかけられないように、スマホで音楽聴きながら。午後の始業時間を忘れないようにアラームをつけて。