天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

調整という仕事

仕事において身に付けておくといいものはなんだろう?パッと思いつくものではなくて、ちょっと忘れがちで、かなり実務的で、「え?なんで?」と一般には思われそうなもの。

最初に思いついたのは、「誰になにを聞けばいいのか分かること」だったのよね。

以前の職場は超巨大な事業所で、しかも自分は場所や部門を問わずあちこちとやり取りしないといけないところだったから(いちおう総務部門だったのでそういうもんだろうけどね)、なにかがあったとき、それを誰に聞けばよいか?というもの。

最近は、「どのように合意までもっていくか分かること」だろうか。

自分の立場で課レベルで合意をとりつけることはない。ただ、課を越えて(うちの課と隣の課は課の垣根はないようなものだからだけど)話をまとめることがある。このとき、何を用意して誰に声をかけてどのような方法でどのくらい時間を設定するか、このコーディネートをうまくできるに越したことない、そんなふうに思うこの頃。

広告を非表示にする