読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

溺れる者は藁をもつかむ

雑記

最近、ちょっとした盛り上がりがあり、絶対発信があると思って注視していると案の定発信があった。ここまでは予想通りだったのだけど、その発信をなんの疑いもなく信じてしまう人が多いことに驚いた。もちろん疑う人もいたのだろうが、大勢はその発信に流されるばかり。

なんというか、むしろ安心したというものかな。溺れる者に藁を撒いたら迷わずつかんでくるように、池のほとりで手を叩いたら鯉が寄ってくるように、「ほしい~!」って言っている人に「はい」っていう手振りを示すと(モノはないのに)「ひゃっほう!」となる。

初等中等教育の現代文で必ずと言ってもいい、「情報を鵜呑みにしないこと」。情報で学ぶ「インターネットの情報を無批判に信じないこと」。高等教育で頻りに言われてきた「事実を疑うこと、本質を見極めること」。これを思い出さずにはいられなかった。

結局、変える力を持っていたわけではないのだろうな。

広告を非表示にする