天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

字を綺麗に書きたい

「字」にはある程度こだわりがあって、つまり綺麗に書きたいなーといつも思っているのだけど、なかなか上達しない。小学生の頃の方が綺麗だったのではないかと悲しくなることもたまに。

中学3年の頃の学年主任(だったっけ?)であり国語教科担任であったN先生は自らの字が嫌になり猛練習の末、いまの字を手に入れたとの伝説を持つ。いまからでも上達するかも知れない。硬筆も毛筆ももう一度やってみたい(小学生の頃はやってたのよ、それなりに)。

あとは、気分や用具や用紙に左右されず書きたい。今日の都知事選挙の投票用紙に書いた字とか最悪。というかいつも投票用紙は最悪。死票になっているのではと疑いたくなるくらい。

広告を非表示にする