読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

作業をシミュレーションする

何十人を動かしたり広いスペースを一体にして運用したりするため、その前にシミュレーションすることを迫られている。どこか遠くを見ながら考えていたりメモ用紙に殴り書きをしていたりしたときはそのときである。

まぁまぁうまくいくこともあるかな。

他者に代行してもらうときもあるけれど、それは作業の先の話もしないとうまくまとまらないことがある。これはちょっと反省。

広告を非表示にする