天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

森を見て木を見ず

木を見て森を見ずではないのか?

―いいえ。まったく違います。

(あまりに森が多き過ぎて木が見えないことのたとえ。)

広告を非表示にする