天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

認知的不協和

認知的不協和」というものが何であるかは、社会心理学系の辞書を調べてほしいのだが。

最近は認知的不協和を頻発しており、そのことで楽になったり、やっぱりモヤモヤしたり、という毎日である。ただ、考え方を変えるというのは全く否定できるものではなくて、文字通り考え方を変えれば、これは自分のためになっていると思えるのである。本来は別の形で自分のためになるはずことが分かっていたとしても。

広告を非表示にする