読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

修論からの第二研究

研究

修論はあくまでペーパーを提出しただけであって、

九州大学大学院人間環境学府規則第15条(修士課程の修了要件)
本学府の修士課程の修了要件は、修士課程に2年以上在学し、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けた上、本学府教授会の行う修士論文又は特定の課題についての研究の成果の審査及び最終試験に合格することとする。ただし、本学府教授会が認めるときは、在学期間に関しては、優れた業績を上げた者については、修士課程に1年以上在学すれば足りるものとする。

の足元にも及ばない。知っている人なら分かるだろうが、修士課程の2年間とか22単位(8単位は修論)とかは修論本体に比べればヘノカッパレベル。もちろん時間を過ごすことも授業として単位を修めることも修論に繋がってはいるのだけど。

さて、上の修了要件で言えば、僕はまだ2年以上在学する予定で22単位以上を取得しているだけに過ぎない。修論提出は審査及び最終試験の申込をしただけ、なくらい。

何が言いたいかというと、修論提出の次はレジュメ提出、その次は口頭諮問がありますのでそれの準備をしていますよ、ということ。

さて、それを準備しつつ、粛々と第二研究も進めないといけないわけで。本日は伊都キャンパスの全学教育にお邪魔してきた。もうしばらく、心理学の学生っぽいこと続けます。

広告を非表示にする