天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

論文発表in英語

我がボスの計らいにより、研究室内のスライド公用語が英語になった。その第一号としてボクの論文紹介。選ぶ論文を間違えて70枚の超大作。そしてパラメータが多すぎて混乱寸前。

結論、思いっきり理解していないとスムーズな発表はできないこと、ディスプレイで見たスライドと映したスライドは印象が異なるので映したものを見ても初見に見えてしまうこと、が分かった。

とりあえず、他の人の指標にはなっただろう。越えて行け。

広告を非表示にする