天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

犯人を曝す


あれ?大事な構内の案内図にクラフトテープが1枚貼ってある。よくよく見ると、下には剥がした跡も残っている。一体これは何なんだろうね?

と思っていたら、足元に何か見つけた。


これ。

航空管制官試験会場は②工学部本館です。」と書いてある。1本クラフトテープが付いてる。

でもこれだけじゃ案内図を汚した犯人かは分からないよね。なんかテープの長さとかピッタリな気もするけどね。地面に落ちてるだけだもんね。

案内図を汚したと決めつけるには、こういう写真がなきゃ。


犯人は、航空管制官試験です。

案内図にクラフトテープを貼り付けるばかりか、放置して跡を付け、何かのタイミングで落ちるまで放っておいて、落ちてゴミとなる。どんだけ学内を傷つければ気が済むんだ?会場料払えば何してもいいと思っているのか?

百歩譲って剥がし忘れるのはいいとして、これを貼り付けなきゃいけない年齢にもなっておいて、ここにクラフトテープを貼ったら跡が残ることが想像できないのかね?本当にナンセンス。

広告を非表示にする