読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

慣習付けられた者とそうでない者

大学図書館活用セミナー(という新入生向けの大学図書館オリエンテーション)前の学生の動きを見ていると、学生ポータルシステムにログインしている人がちらほら。

どうやら、学生ポータルシステムにログインして情報を得るということが慣習付けられているようだ。今年度から全学教育のWeb上の掲示板が閉じられ、掲示関係は学生ポータルシステムに統合されている。もしかしてボクらの頃も旧Webをちゃんと見ていたかも知れないが、今の新入生は、ちゃんと学生ポータルシステムを見るという慣習が根付き始めたようである。喜ばしい限り。

という感想を持つのも、ボクらの世代は学生ポータルシステムを見ない、とする人が大多数だろう。理由は見ても意味がないから。何の情報も発信しないシステムにログインすることに意味はなく、あれで休講を知らせると広報されたにも関わらずそうでなかったときは騙されたと感じていたものだ。こういうこともあって、新入生が学生ポータルシステムを使っているのを見ると、なんだか不思議な気分。そして今も、懐疑的な印象は変わらない。

デザイン好きじゃないしね。

学生ポータルシステム

広告を非表示にする