天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

真夏のオリオン

週末だからちょっとくらい夜更かししてもよいだろうと思い、以前録っていた「真夏のオリオン」という映画を見た。ちょっと前の邦画である。とりあえず、ハッピーエンドでよかったと思う。

日本軍が登場する戦争映画は苦手である。画面の中の日本人とシンパしてしまうからであろう(だから、今回ハッピーエンドでちょっとホッとしている)。この理由から、録っても一度見て削除することが多い(何度か見たい映画はDVDに焼く)。今回もそうなるだろう。

広告を非表示にする