天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

人間環境学コロキウム

人間環境学府は文学部・教育学部・工学部のそれぞれ一部が集まった大学院であることから分かるように、学際学府である。まさに「人間環境学」の下に集った教育研究者である。

そんな人環は人間環境学コロキウムというものがあるのだが、教授の命により研究室の同級生1人と共に実行委員になることに。そして本日はその初会合@建築学科。

コロキウムは尊敬するM理事が中心になってスタートさせたわけだし、本年度の担当者は九大祭でお世話になった新キャン推進室のT先生。やるからにはやることやるけど、今の研究生活にどう位置づけられるかな。先輩の話を聞くと実行委員には温度差があるらしいので、そんなことにマネジメントソースを割きたくないし。

じっくり考えましょう。8月に入ってから。

広告を非表示にする