天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

学生ポータルシステムカスタマイズ

学生ポータルシステムを通して大学本部/部局がメールを一般お知らせとして発信する際、対象が「全学」だと自分には届かず、「学生」だと届くことが判明した。なお、大事なメールもしくは全学生を対象にしたメールは「全学」と設定されており、ちょっとまずいことになっている。しかし、e-mail配信サービスで情報を取捨選択できるのは一般お知らせではなく貴方宛の伝言、休講情報などであり、一般お知らせに関しては自分はフィルタしていない。なぜ届かないのかは分からない。この件、周りの受信状況を調べて再度学務情報係に問い合わせることにする。

一方、一般お知らせで対象を「学生」にしているメールはちょくちょく届くが、望まないメールばかりである。この点を学務情報係に問い合わせているが、システム改善には時間がかかるし、その部局は学生に周知したくて発信しているから(我慢して)、という返事を頂いている。しかし、不要なメールは減滅させるに越したことはないので以下の策をとることにした。

前提として、自分はGmailでメールを動かしている。

メールを大量に発信する部局名をキーワードにして受信メールを自動削除するフィルタを設定する。しかし、それでは例えば生涯メールマガジンも削除されてしまう事故が起こるので断念。
次に、署名に含まれる電話番号をキーワードにする。これも生涯メールマガジンが削除されてしまう。
これならどうだということで、発信者g-portal@jimu.kyushu-u.ac.jpおよびキーワード部局名を設定。ほら見事、該当メールだけがゴミ箱へ入る。

周知したいところ申し訳ないが、こちらとしてはいらないメールなのである。正直言って学生ポータルシステムはあてにしていない。必要な情報を収集する方法は心得ているから。だから、ポータルシステムからのメールはいらないの。ごめんね。

広告を非表示にする