読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

コース概要科目リニューアルプロジェクト(2) 歴史編

前回(9月28日)からだいぶご無沙汰になってしまった本プロジェクト。本格的な冬を迎える前に終わらせておきたい。ということで第2回は歴史編。相手を倒すには相手を知るところからって言うじゃない。

★カリキュラム・単位の変遷

  • 平成6年3月 教養部廃止。
  • 平成10年度〜 農学部9学科を1学科に統合、大学院農学研究科を大学院生物資源環境科学研究科に改称/改組。
  • 平成12年度〜 大学院生物資源環境科学研究科を大学院農学研究院及び大学院生物資源環境科学府に改組。
  • 平成16年度〜 進級ガイダンスに改善を加える。農学部教育・研究説明会(ガイダンス)を開始。
  • 平成18年度〜 コアセミナーを開始。
  • 平成19年度〜 GPA制度開始。入門科目の農学入門ほか9科目を廃してコース概要科目(4科目)、共通基礎科目(5科目)、基礎概要科目(2科目)を設置。

つまり、ボクがメスを入れたいコース概要科目は平成19年度に始まったことになる(ボクは平成20年度入学)。今年度で5年目。もう見直しても違和感ないでしょ(笑)それまでは入門科目として農学入門(2単位)のほか、基礎植物学、基礎動物学、微生物学概論、基礎遺伝学、基礎海洋科学、基礎農業経済学、基礎気象水文学、基礎生物材料科学、基礎バイオテクノロジーが開講されておりその中から4科目8単位以上を履修することとされている。ちなみに農学入門は「履修することが望ましい」と併記されていて、今でいう物理学基礎概要や生物学基礎概要と同じ、すなわち履修してもしなくてもいい&卒業要件には数えられない(=履修推奨科目)だった可能性が高い。

★卒業要件(単位数)の変遷

〜平成17年度入学者 132単位 いつから132単位かは分からない
平成18年度入学者 134単位 コアセミナーが始まったから+2?
平成19年度〜平成21年度入学者 140単位 コース概要科目が設置されたから+6?
平成22年度入学者〜 134単位 専攻教育科目が整理されたから-6?

卒業要件の単位数というのは結構フレキシブルらしい。増減の理由は履修要項をじっくり見ないと分からないがおそらく上記の通りだと思う。平成20年度入学者であるボクらと上下の学年は140単位という近年最多の単位数を課されている(他の4年制学部と比べてもやっぱり多い)。ま、6単位くらいなんてことないけどね。

今回歴史を調べてみて、なんだ、農学入門というちょっと期待できる科目があったんじゃん、って感じ。必修でもなければ2単位という少ない内容のようだけれども。

次回は中身に入ります(たぶん)。

参考資料

コース概要科目リニューアルプロジェクト(1) プロジェクト発起編

広告を非表示にする