天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

生存記録

午前中、前期の研究内容を思い出そうとして足掻くがチンプンカンプン。来週に学会が備えている混乱に乗じて時間をかけて思い出そう。午後は偶然会ったサークルの先輩に生協弁当をおごってもらい、自宅で食べる。13:20、箱崎駅に降り立った友人を迎えて間髪入れず送り出す。研究室戻るときにアドミッションセンターに寄って航空機チケットの清算を依頼し、農学部6号館で学割証明書を発券し、研究室に戻ってウダウダ。あー頭使いたくない。ゴミ回収の命令を受けて絶対服従の現実の下、せっせと作業し、次いで試験管170本ほどを洗浄。自分が使った試験管では無い。この時点でコアタイム終了まで30分強。取得単位の計算をして時間を潰し、18:00から入居している農学部5号館の施錠当番のレクチャーを受け、さっさと帰宅。台風のせいか帰路は風が強い。

広告を非表示にする