読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

代表辞任

事業

簡単に言うと、2011年は九大の百周年で大学本部が記念事業を主催するがそれに学生も関わってくれと頼まれて学生チームを立ち上げ、昨年末から代表を務めていた。それを今日辞めた。自分に関わる企画も清算し、学生チームからも離れることにした。

理由はいろいろある。
自分自身の理由としては、代表を務める能力が無いこと、ストレスコントロールができないことが挙げられる。
自分以外の理由としては、とてもじゃないが希少な形態を持つ(=大学本部傘下だからね、良くも悪くも)学生チームがあっても、エネルギー消費の方が成果より大きい気がする。

自分自身の理由として、メンバーには研究室が忙しくなるからなんて言ったけど、そんなことは問題ではない。コアタイムとか実験とか、いくらでもどうにでもなる。要は、「心が折れた」ってこと。自己防衛。書いて適切か判断がつかないが、東北地方太平洋沖地震の件も影響している。代表辞任を決心したのは地震前であったけど。

関係者の皆様、自分勝手な行動をお赦し下さい。

広告を非表示にする