読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

カンニング

定期試験でカンニング行為をすれば当期の単位が一切認められないのは有名な話。いつか意見箱にもこの話題が挙がっていたね。厳しい措置じゃないかと訴える学生に対して学務部から「至極当然」の一喝。気持ちいい質疑応答であった。

言いたいことはそうじゃなくて、自分はカンニングをするほど腐った人間ではないから試験前の注意なんて聞き流しているんだけど、試験監督に学生係も巡回するらしい。来た覚えはないしブラフなのかも知れないけど、カンニングには手を焼いているようだ。実際、カンニングは毎回のように行われているわけで、試験終了後の談笑の際にいかにカンニングをしたか発表する馬鹿がいる。単位全て落として留年すればいいのに。

教員は、カンニングで書いた答案と脳みそで書いた答案とをちゃんと見分けられていることを祈るばかりである。

広告を非表示にする