天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

隣人いい人

なんだか、隣の部屋の郵便受けにボク宛の封書が間違って入っていたとのことで、わざわざその隣の人が届けてくれた。そのとき寝ていたし、それこそ寝耳に水だったからメガネなし、すなわち顔が分からない。けど、届けてくれたから、いい人なのだろう。名前なんて言うんだっけ?

広告を非表示にする