天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

医学図書館へ

欲しい本が医学図書館にあるとのOPAC情報を得て、一路馬出キャンパスへ。もう年末なので取り寄せをすると年を越すかも知れない。というか、中央図書館は明日から休館。受け取れない。

いつみても新病棟はすげぇなと思いつつ、人生二度目の医学図書館。開架は初めて入ったが、もう医学関係しか並んでいなくて大学じゃないみたい。さすが馬出。白衣を着た人の人数も半端ない。

ところで、旧外来はきれいに取り壊されていて何もない。擬態で表すと「ぽっかり」といったところか。六本松は11月から取り壊しが始まっていると聞くが、いずれは旧外来みたいにぽっかりになるんだろう。それを見たら、失神の一歩手前までいくかもしれないなぁ。行くのが怖い。

広告を非表示にする