天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

東京研修2010夏・エーザイ

農学部集中講義「実地見学」の1ヵ所目はつくばにあるエーザイの研究所。会議室にてキャリア形成や昨今の製薬会社事情についてレクチャーを受けた後、3つのグループに分かれて研究所内を見学。廊下は明るくて綺麗であったが、実験室を除いて見ればちょっと広い以外は大学と雰囲気は変わらない。よくある実験台が並び、ドラフトチャンバーらしき巨大な機械が設置され、NMRが何台もある...。勝手にちょっと大学と違うところを挙げれば、大学では研究室(いわば講座ですか)で研究が完結しそうな感じがするが、エーザイではその専門技術・知識を持つメンバーが部屋に集まり、次の工程が必要になれば次の部屋に任せる、みたいな。まぁ大学にある1研究室が大きくなったものが企業の研究所と考えれば、自然なスケールアップなのかも知れない。研究所の見学が終わったら会議室に戻って研究員の方と談話。研究の実際や普段の過ごし方等について楽しく話をした。楽しく研究をなさっているようだ。あと印象に残っていることは、建物扉の内外でIDをかざす必要があること。入館時は当然だと思うが、退館時に必要なのは、IDの忘れ防止?

広告を非表示にする