天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

起きたらお昼

自分は明るいと寝れない性質である。ものすごく眠い時や教室で居眠りするときは別だが、自宅のベッドの上ではビデオデッキの明かりでさえ気になる方である。ということでもちろん、朝の光に対しても敏感な方で、カーテンから漏れる光に反応して起きてしまうことがしばしば。アラーム前に起きてしまうことなんて、日の出が早い夏季は日常茶飯事である。しかし、今日は目が覚めてみると10:37。おぉ、もう昼ではないか。なんで朝の光で起きれなかったんかなー?疲れていた?うつ伏せで寝ていた?

ついでに、本気であればどんな時間でもプラスマイナス10分で起きれるという特殊能力を持っている(気がする)。初日の出の時とか。

広告を非表示にする