天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

灯台下暗し

大学院システム情報科学研究院さま

九大のために新しいシステムを開発しても対外的には大きなニュースにならない、評価されにくい、遣り甲斐がないというのは分かります。しかし、情報を渇望しているのは貴方が勤める事業所である九大も同じで、情報伝達にもどかしさを感じているのは貴方の目の前に転がっている九大の学生も同じです。私たち学生は、「学生ポータルシステム」という屑のようなシステムを信じて休講情報を待ちました。しかし、ほとんどの部局はそれを利用しないためメールでくる情報は大学本部からのものばかりです。世の中、Web上でいろいろと手続きができるようになっているのに、なぜ情報が更新されているか分からない掲示板まで見に行かなければいけないのでしょうか。キャンパス分散や交通手段の脆弱性に気付いておきながら、これはなかなかひどい仕打ちと感じます。残念なことに、学生ポータルシステムを動かしている(はずの)情報統括本部(情報システム部?情報基盤研究開発センター?)はこの事態を打開しようとは考えていないでしょう。能力があるなら、目の前の苦しんでいる貧民も助けてみませんか。

http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2010/2010-08-18.pdf

広告を非表示にする