天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

街並

海の日

海の日ということで海を見に。しかし、暑くてしょうがないので、運河であきらめた。

建築倉庫ミュージアム「ル・コルビュジエ / チャンディガール展 –創造とコンテクスト-」「建築倉庫ミュージアムが選ぶ30代建築家 –世代と社会 が生み出す建築的地層−」

免許証記載内容変更

とある免許証に記載の内容に変更があったので、それをできるところへ。平日だとまぁあちこちの施設でできるんだけど、休日はところどころの施設でしかできないのでそこへ。乗り換えをせずやや離れたところから歩いて行ったのだけど暑くて暑くて。帰りは施設…

三菱みなとみらい技術館

弥生美術館「セーラー服と女学生 ~イラストと服飾資料で解き明かす、その秘密~」

横浜美術館「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」

上野の森美術館「ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵」

東京都美術館「プーシキン美術館展──旅するフランス風景画」

国立科学博物館「人体―神秘への挑戦―」

羽田空港美術館ディスカバリーミュージアム「1964年から2020年東京オリンピック・パラリンピックへ 未来をつなぐレガシー展」

筑波山

ということで、筑波山に登山に行ってきました。登山に行くのは、学校の遠足とかを除けば、おそらく小学生ぶり20年以上ぶり。朝早く起きて起動して先輩にクルマで拾ってもらい、神社にお参りしていざ登山開始。なんか狂ったように汗が吹き出してタオルビショ…

インターメディアテク 特別展示『ルドベック・リンネ・ツュンベルク――ウプサラ博物学三代の遺産より』『医家の風貌』

東京国立近代美術館「生誕150年 横山大観展」

江戸東京博物館

別れの博物館「あなたとわたしのお別れ展」

21_21 DESIGN SIGHT「thinking tools. プロセスとしてのデザイン―モダンデザインのペンの誕生」

国立公文書館「平成30年春の特別展 江戸幕府、最後の闘い-幕末の「文武」改革―」

TODAYS GALLERY STUDIO「カワウソほんと展-改-」

平成30年春季皇居乾通り一般公開

今年度最後のお出かけはお花見。と思いきや、職場の近くにはめっちゃ桜が咲いているので、毎日花見をしている気分。どちらかというと、普段非公開の皇居の部分を楽しんだという感じ。

高崎山自然動物園、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

復路日の本日はバスに乗って大分市へ入り、といっても市街地ではなく、「高崎山自然動物園」。実は初めて行く。あんなに近くにサルに会えるんやね。近くというか、足の周りにいるんだけど。 そして「大分マリーンパレス水族館「うみたまご」」。リニューアル…

別府地獄めぐり

今月の現実逃避先は大分県は別府市、別府地獄めぐり。 前にも行ったことがあるのだけど、改めて歩いて回ってみようかなと。みんなクルマで回るみたいだけど、結構簡単に歩ける距離に固まっているものなのね。それは今回初めて感じたこと。ついでに別府駅付近…

東京国立博物館表慶館「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」

淀橋浄水場址

3/4新宿遊びの続き。いまの新宿副都心が淀橋浄水場の跡地であるということは有名な話だが、それを伝える碑とかがある。昨日の投稿の新宿住友ビルも、浄水場の制水弁が残されているということで行ったのだが、工事中で見ることができなかった(見つけられなか…

平和祈念展示資料館

3月4日の出来事だけど、新宿に遊びに行ったもので。新宿住友ビルに「平和祈念展示資料館」というものがある。行って、地図で見つけて知ったのだけど。特に抑留とか復員とかに焦点した展示で、いままであまり扱われていなかった内容を十分見ることができる(…

右から読んでも左から読んでも

最初、なんのことかと分からなかったよね。

啄木の最初と最期

啄木のファンでもなんでもないですが、歩ける範囲に最初と最期があったので行ってきました。ここが最初。最初といっても東京での最初。いまはすっかりオシャレなアパートになっていた。 ここが最期。最後の2首が書かれている。

神戸海洋博物館・カワサキワールド

姫路市立美術館「イメージを織る」

姫路城レポート

ここは「007は二度死ぬ」でショーン・コネリーと丹波哲郎が歩いたところではなかろうか。 姫路城は柱も梁もでかい。 この角度の姫路城も素敵。 となりに好古園というものがあるのでお時間あればそちらも是非。

姫路へ

「行ったことがないので行ってみたい」は大きな原動力になる。ということで、今月は姫路へ。 やっぱり姫路城。綺麗だなぁ。