天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

学修

火曜日の講義

火2 心理データ解析学つまり統計学。4年前期に生物統計学やっているけど、あれと同じなようなあれよりレベルが高いような。どうやらフリーソフトのRというものを使うらしい。これ、結構有名らしい。教育学部の統計学の教科書を友人から譲ってもらったから、…

講義開始

大学院の講義が始まった。予定では前期に6コマ12単位を予定しているけどまだ確定ではない。本日は2科目あったのだけど、まだまだオリエンテーションの域をでないから紹介はもう少し経ってから(の予定)。ちなみに心理学研究法特講と人間環境学特講。

木曜日の授業

木2 組織心理学人環入学のための準備2科目中の2科目目。高度・ハイパフォーマンスな組織を科学する。受講者数は30人いないくらい。集団心理学もだったけど、サークルの同回・下回も受講していた。欠席時のプリント共有や試験前の対策などでお世話になったり…

火曜日の授業

火4 集団心理学人環入学のための準備2科目中の1科目目。人間を科学するって面白いと感じた授業。受講者人数が多くて3限目終了直後に入室しないといい席が獲れなかった。研究室を住処とする自分にとっては3限目が無いのでラッキーであった。主にスライドを使…

卒業内定

農学部公用掲示板にて、平成23年度卒業予定者名簿が発表され、自分の学籍番号を確認した。これで安心して卒業と言うことができる。さて、次の行動にうつりますか。

食品関係法規

成分表示や質疑応答を経て2日間の集中講義終了。これで食品衛生管理者になれるらしい。使う機会は訪れないだろうけど。以上、学生最後の講義でした。

食品関係法規

今日は食品衛生管理者や食中毒などのお話。特に難しいわけでは無いが、講義室に学生がギュウギュウに入れられているため不快指数高し。

単位取得完了

今期唯一履修している生物統計学の成績が発表され、単位を取得できたことが確認された。これでボクは卒業できる。あ、卒業研究と科学英語IIが残ってる。けど、研究室が与える単位だから難なく取得できるでしょう。変な卒論生がいつまでも研究室にいることは…

生物統計学試験

今期唯一履修している科目、生物統計学。ノート持ち込み可ということなので特に事前勉強はしていない。ちょっとしたことから2,3回講義を休んでいるのでそこの部分の板書を予め入手しておいたノートのコピーを写したくらい。久々に試験を味わうとちょっと緊張…

金曜日の授業

金1 生物統計学開講されてから何回か授業があったがいつも書く機会を失っていたので本日書くことにした。中身は普通の統計学だがそこを生物学的な視点に限定することと論理を学ぶのであって演習ではないことが特徴である。担当の教員は別分野の准教授だが、2…

生物化学実験レポート

明日提出の実験レポートに今日の昼から手を付け、今終わった。最後の学生実験のレポートとしては期限直前にまとめてやるという手法を採ったが、レポートそのものは手を抜いていない(つもり)。まぁ確かに、SDS-PAGEやヒスチジン-Niのアフィニティ、GFPやDsR…

負けた

とある教科の成績が思った通りでは無かったので人生で初めて詳細を開示してもらった。...うん、その成績で納得。さぁ、残りの成績発表に期待しましょう。

生物物理化学

レポート課題であったゲノムデータベースに関する英文の訳とアミノ酸配列の同定とその周辺の調べものが終わった。繰り返しになるが、この講義は楽しいものでも興味深いものでもなかった。しかし、レポートでゲノムデータベースを利用してみると、なんと楽し…

あとはレポート

今期は残すところ2科目3本のレポートのみ。もちろん一切手を付けていない。明日から来週にかけて片付けましょうか。あ〜でもそんなに楽しいレポートじゃないんだよなー。

生体分子工学概論試験

この科目も過去問と形式や内容が一緒。ただ、生体分子工学は勉強すれば大事なところが見えてくるのでそこを勉強していれば難なく解答できたでしょう。とにかく書くことが多くて大変だった。自分は筆圧が強いので(特に丁寧に書こうとすればするほど)、腕は…

生物機能制御学概論試験

過去問と特に形式は変わらず。持ち込み資料にだいぶ助けられた問題もあった。それにしても時間の割には書くこと考えることが多くてむしろ足りないくらいであった。それでも、主要な問題は片付けられたのでOKでしょう。

生物機能制御学概論試験対策

5:00にモゾモゾと起きだして過去のプリントやらテキストやらを見直し。解いていない練習問題は研究室の先輩からいただいたデータが役に立った。ありがとうございます。ここにきて持ち込み可という試験なので、なんとかなりそうな気がしてきた。持ち込みなく…

生体分子工学概論試験対策

講義プリントに目を通し、聞いていなかった部分を文献で調べ、過去問を見直す。生物化学各論IIよりはスムーズに解答できる気がする。この試験勉強で気付いたことは、この科目、面白いじゃん!ということである。概論という講義だが実験論みたいな話ばかりで…

生物化学各論II試験

なんとか終わった。ちょっと問題量が多くないか?この手の世界には原核生物(大代表は大腸菌)と真核生物(大代表は酵母とか)で話が違ってくるから厄介である。ま、ここで躓いているわけにはいかないのであろうけど。ちゃんと勉強しなきゃなあ。そろそろ。…

生物化学各論II試験対策

試験範囲は「ヴォート基礎生化学第二版」第26章〜第27章・3C。ページ数にして60ページ弱。おそらく単語数は200を超えるんじゃないかと思う。さっき、全範囲に目を通す作業を終えた。これから最初に戻って頭に叩き込む作業に移る。試験は明日なんだけどな。間…

微生物工学試験

今期の試験の火蓋を切ったのは微生物工学。ちなみのこの科目、どちらかというと食化工向けの授業。試験前の授業で先生が出題範囲をだいぶ狭く指示してくれたので、ヤマ勘どころか問題がそのまま示されたようなもの。しかもそこから選択問題が始まるからラッ…

生物化学各論II

ヴォート基礎生化学第二版の第26章翻訳のお勉強完了。ただ、試験で回答できるレベルかどうかと言われたら無理。

生物物理化学

よく分からない間に終わった授業。シラバスからも大きく逸脱しているだろう。終始オリエンテーションみたいな雰囲気だったが、大丈夫なのだろうか。試験では無くレポートで評価というのは助かるけどね。情報系教室で講義をすることを考えると、講義室の仕様…

生物機能制御学概論

相変わらず科目名と授業内容がいまいちリンクしないが、いわゆるC言語のお勉強。昨年末の自主休講が響いて大事な試験範囲のところが分からん。プリント見ても分からん。土日も集中したお勉強が必要だろう。この科目、たぶん今年度入学生から名称が変わる。

生体分子工学概論

結局、なにが言いたかったかがよく分からないまま授業が終わった。授業を振り返って構成図を書けと言われてもそれは無理ってなってしまう授業。ヤマとタニが無かったからな〜。終いには授業評価も無かったからなー。試験の時に実施するのかな。

生物化学各論II

ヴォート基礎生化学の第26章翻訳の3リボソームまでお勉強。なるほど50%、ふむふむ10%、何言ってるか分からん40%。友人間で有名だが、この本は日本語がやや不自然。なんか遠まわしに言っていたり思考回路と記述順序がマッチしなかったり。立体構造の特徴を文…

生物化学各論II

今期の授業らしい授業は今日の生物化学各論IIでお終い。今期はあと明日と金曜日でお終い。いつの間にか、集団での座学は残り少なくなっているようだ。あ、5号館117講義室で講義を受けることはもう無いかも知れない。最後に入ったのは去年だ。感傷的になるな…

科学英語I&微生物生態学

英語論文の発表とヒ素をリン代わりに利用する細菌についての感想を提出して終了。この授業で何を学んだんだろう?今シーズン最大の怠惰であった。

生物化学実験

最後の学生実験、生物化学実験である。担当はもちろん生物化学研究室(シス生では構造生物学研究室)。教員はK准教授。T.Aさんは9名登録。場所は農学部5号館2階学生実験室。時間は毎日午後1時から。私は3-A班。受講登録者36名。実験内容はタンパク質の構造解…

学問修め

有機化学実験のレポートが終わり、提出すれば2010年の学問修めになる。ふあー、疲れた疲れた。だいたいなんなんだよNMRとかスペクトルとかって。いまだによく分からん。でもいいや。今年は今年。来年は来年。