天からの封書を開けよ

どうでもいい日常の中から捻り出して綴っていきます。

2011-01-22から1日間の記事一覧

ショックが大きい

西日本新聞も、あんな写真載せることないじゃないか。ショックじゃないか。旧教育支援課も、第二会議室も、本37番講義室も、瓦礫の山。こんなこと、ありかよ。(六本松の“顔”に別れ 九大本館取り壊し始まる)

QREC設立記念シンポジウム

アントレプレナーシップという言葉、九大生で知っているのはまだ少ないと思う。ボクも広報室のお姉さんがQREPについて行ったことを聞いて初めて知ったくらい。でも、起業家セミナーとして、その一端が知られているのかな。1340入場、1400開始、1820終了。場…

残念

伊都キャンパスセンターゾーンに設置された仮設掲示板に学習サポート制度や不動産情報がベタベタと貼られていた。全く残念な光景である。そんなものを貼るために、2年前尽力したんじゃない。

学習サポート

全学教育には学習サポート制度があり、大学院生が全学教育中の学生にアドバイスをするというものである。伊都キャンパスに掲示されていたその制度のフライヤーを見ると、来室理由の例として「レポートの書き方が分からない(学生、是非おいで)」、とある。…

ユーザー

ユーザーサイエンスという言葉がある。検索したら九大の話ばかり出てくるので九大の造語に近い言葉かも知れない。このユーザーサイエンスを称した組織、ユーザーサイエンス機構というものが九大にあった。ご存じの通り、今は大学院統合新領域学府として存在…

今日、QREC設立シンポジウムのため伊都に行く。地下鉄の箱崎九大前から西新で乗り換えて九大学研都市へ。バスで九大ビッグオレンジ前へ。4ヵ月ぶりの伊都であり、大屋根がかかって最初の伊都である。1年間を過ごした伊都キャンパスセンターゾーンは移転1期生…

最後の行事

今日明日は、サークルの行事。そして、3年間お世話になった4回生の先輩の最後の行事。普段はあまり行けていないサークルであるが、今日は朝から行って行事の準備に参加した。昼で抜けたけど。